【農業支援】



国・県・市町村等が推進している主な農業支援は、次のとおりです。

 

担い手育成の支援(新規就農、農の雇用事業など)

 

農業経営の発展と安定化のための支援

(農業経営の法人化推進、集落営農の組織化の支援など)

 

農村資源の活用(耕作放棄地の再生と利活用)

 

農業経営の多角化の推進(農林漁業の6次産業化の推進など)

 

以上、大きく分けると、農業の担い手育成、農地の再生、農業の成長産業化の支援に重点をおいた施策であります。

 

 当事務所は、特に、「6次産業化の支援」と「耕作放棄地の解消のための支援」について、フルサポートしておりますので、お問い合わせください。 



農山漁村には、有形無形の豊富な様々な資源「地域資源」(農林水産物(生産・加工・販売)、バイオマス、自然エネルギー、自然景観・伝統文化など)があります。
 農林漁業の6次産業化とは、それら「地域資源」を有効に活用し、農林漁業者(1次産業従事者)がこれまでの原材料供給者としてだけではなく、自ら連携して加工(2次産業)・流通や販売 (3次産業)に取組む経営の多角化を進めることで、農山漁村の雇用確保や所得の向上を目指すことです。
 こうした経営の多角化(6次産業化)の取組は、新たな付加価値を創出し、地域の活性化につながります。

    6次産業化の構想から事業計画の作成、総合化事業計画の認定、事業の実施、加えて、関連する融資・補助の申請手続きまで、農業に関する専門的知見を生かした全面的なサポートができますので、ぜひ、当事務所にお任せください。

 

➡6次産業化(総合化事業計画の構想段階から認定、事業の実施)フローはこちらへ

➡総合化事業計画の認定者への支援はこちらへ